吉川祐二郎

Director
吉川祐二郎

  • COLLECT POINT Digital Signage Direction
  • Isetan Mirror Digital Signage Direction
  • フキダシステム Technical Direction
  • 東京ミッドタウン タッチパネル制作・開発
  • Facebook promotion packege Produce
  • AR Promotion Bussiness Produce
  • JRA有馬記念Promotion Direction & Design
  • 渋谷 ぐるなびボード Design
  • GQ JAPAN × STARFLYER CM Designn
  • 資生堂 SUPER MILD WEB Designn
  • NTT Flash Design
nami

2014.1.19

「パーソナル」

デジタルサイネージ部署を立ち上げて4年目。今年の部署としてのテーマは「パーソナル」。最近だと「ディスプレイ」イコール「スクリーン」であるという観点より「デジタルサイネージはスクリーンメディアである」という概念が出現しつつある。パブリックな場にあるデジタルサイネージの「スクリーン」だけでな く、パーソナルなスマートフォンやタブレット等(もちろんPCを含む)の「スクリーン」。広告業界でも流行になりつつある「マルチスクリーン」という考え方。「マルチスクリーン」という考え方に準ずれば、大型ディスプレイ=サイネージという考えはもはや古い。幸い、年末から仕掛けた「マルチスクリーン」という概念のもと営業をしてきたが、最近になって成果が実感できる。気づけば、スマートフォン、タブレット関連、他ディバイスとの大型ディスプレイとの連動の案件が大半を占めるようになってきた。現場から見れば、今後のデジタルサイネージは「スクリーンメディア」へと加速されていくことは、容易に予想がつく。今までパブリックとして機能をしてきたデジタルサイネージが、より個人へ「パーソナル」へ移行しつつある。この波に乗り遅れないよう、または、この波にもうひと波作って「スクリーンメディア」の概念を確立させることが、今年のデジタルサイネージ部署の目標だ。

吉川祐二郎

Director
吉川祐二郎

  • COLLECT POINT Digital Signage Direction
  • Isetan Mirror Digital Signage Direction
  • フキダシステム Technical Direction
  • 東京ミッドタウン タッチパネル制作・開発
  • Facebook promotion packege Produce
  • AR Promotion Bussiness Produce
  • JRA有馬記念Promotion Direction & Design
  • 渋谷 ぐるなびボード Design
  • GQ JAPAN × STARFLYER CM Designn
  • 資生堂 SUPER MILD WEB Designn
  • NTT Flash Design