宮坂大貴

Director
宮坂大貴

  • Y+Partners Space Consultation & Direction
  • STORE MICHELIN Consultation & Direction
  • AGC旭硝子 Material Consultation & Direction
  • HONEY’S GARDEN TOKYO Space Direction
  • HONEY’S GARDEN YOKOHAMA Space Direction
  • COLLECT POINT HARAJUKU Space Direction
  • SHIPS Space Design
  • BIGI Space Design
  • F.D.C.PRODUCTS Space Design
  • A.D.M.J. HK Space Design
  • PAL Space Design
  • CROSS COMPANY Space Design
  • NICOLE Space Design
  • CELINE PRESS PARTY AD & Coordination
  • 日本の色彩 AD & Coordination
20140720

2014.07.20

特殊コントラクト事業

青山のランドマークであるAOビルの5FにあるTWO ROOMSをご存知だろうか?国内の名だたる飲食店の中でも、インターナショナル感漂う特Aクラスのダイニングとして知られている。このTWO ROOMSとの取組は2012年から。LA本社のブランディングカンパニーE社からの依頼で始まった。その業務は店内インテリアデザインの象徴となっているスワンプカウリと呼ばれる樹齢約2500年のニュージーランド産木材天板の修繕。世界最大・最長樹齢と言われる針葉樹林のひとつである当該カウリは、約5万年前に津波によって泥炭地に埋もれ眠っていたものが採屈されTWO ROOMSへと設置されていた。しかしながら自然木の特性上、南半球から北半球への搬送や、飲食店空調の気温や湿度の変化に伴い反りといった変形が生じ、早急な修繕が必要となっていた。ポートフォリオには守秘内容が含まれるためあまり登場しないが、当社の空間事業にはこのような特殊なコントラクト業務が存在する。というのも・・・E社からの依頼の発端は、某外資系銀行のデジタルデバイスをインセットした超高精度筐体を国内で製作できる企業がなく、巡り巡って当社に実施設計/製作の話がきたことが始まり。この案件ではアップルの筐体開発を担当していたデザイナーとの協業を経て、香港〜国内主要5店舗に特殊筐体を納品。その時の実績を評価され、TWO ROOMSの業務依頼があったという訳だ。あれから約2年。カウリの再輸入による修繕計画を進めていたものの・・・突然のニュージーランド政府のカウリ輸出制限によりその計画が頓挫。急遽、国内有数の木工家具の生産拠点である福岡/大川へ既存のカウリ天板を運び、自然乾燥と特殊加工を実行。そして現地への最設置は、皇室木工などを担当する秋山学校でおなじみの秋山木工に依頼。日本が誇る一流の家具生産拠点と一流の職人達の経験と技を借りることにより、樹齢約2500年のカウリとの格闘は幕を終え、先日引渡を終えることができた。本件は一見すると当社の事業ドメインとはかけ離れているように感じられるかもしれない。しかしながら、我々の存在なくして某外資系銀行しかりTWO ROOMSしかり、それぞれの事業最適化が叶わなかったことは事実。ブランドビジネスのほんの一旦であれ、本件もまた、価値続けることに変わりはない。

宮坂大貴

Director
宮坂大貴

  • Y+Partners Space Consultation & Direction
  • STORE MICHELIN Consultation & Direction
  • AGC旭硝子 Material Consultation & Direction
  • HONEY’S GARDEN TOKYO Space Direction
  • HONEY’S GARDEN YOKOHAMA Space Direction
  • COLLECT POINT HARAJUKU Space Direction
  • SHIPS Space Design
  • BIGI Space Design
  • F.D.C.PRODUCTS Space Design
  • A.D.M.J. HK Space Design
  • PAL Space Design
  • CROSS COMPANY Space Design
  • NICOLE Space Design
  • CELINE PRESS PARTY AD & Coordination
  • 日本の色彩 AD & Coordination