宮坂大貴

Director
宮坂大貴

  • Y+Partners Space Consultation & Direction
  • STORE MICHELIN Consultation & Direction
  • AGC旭硝子 Material Consultation & Direction
  • HONEY’S GARDEN TOKYO Space Direction
  • HONEY’S GARDEN YOKOHAMA Space Direction
  • COLLECT POINT HARAJUKU Space Direction
  • SHIPS Space Design
  • BIGI Space Design
  • F.D.C.PRODUCTS Space Design
  • A.D.M.J. HK Space Design
  • PAL Space Design
  • CROSS COMPANY Space Design
  • NICOLE Space Design
  • CELINE PRESS PARTY AD & Coordination
  • 日本の色彩 AD & Coordination
20140620

2014.06.20

Google Analytics → Store Analytics →

人々は空間媒体の何に端を発し、どのように導かれ、いかに購買活動を付帯するコミュニケーションをするのか?そんなことを日々探求しながら設計図面に向かい続けていると、いつしか2次元の図面上に3次元の導線が現れてくる。この奇妙な感覚は、探求を続ければ続けるほど、物販店舗や飲食店舗などのレイアウト設計の精度を向上させてくれる。またこの導線に時間軸を掛け合わせると、4次元の導面が現れる。この導面のイメージは、導線が厚い(熱い)場所と薄い(冷い)場所とに積層区分され視覚化されるサーモグラフィー。しかしながらこの導面サーモグラフィーは、所詮感覚の域を越える事はない。Web媒体におけるGoogle Analyticsのような数字に裏打ちされた解析ツールとの併用があってこそ、リアル店舗における投資最適化を叶えるサービスへと到達する。



当社アートディレクター浅野の日記にあるオム二チャネルの本格化しかり・・・

空間媒体特性を一変するStore Analyticsなるものが海外で実戦→検証されている中、各媒体の役割変化への敏感さと並走する、投資最適化を実現するサービスの継続的な開発が重要となってきている。

宮坂大貴

Director
宮坂大貴

  • Y+Partners Space Consultation & Direction
  • STORE MICHELIN Consultation & Direction
  • AGC旭硝子 Material Consultation & Direction
  • HONEY’S GARDEN TOKYO Space Direction
  • HONEY’S GARDEN YOKOHAMA Space Direction
  • COLLECT POINT HARAJUKU Space Direction
  • SHIPS Space Design
  • BIGI Space Design
  • F.D.C.PRODUCTS Space Design
  • A.D.M.J. HK Space Design
  • PAL Space Design
  • CROSS COMPANY Space Design
  • NICOLE Space Design
  • CELINE PRESS PARTY AD & Coordination
  • 日本の色彩 AD & Coordination