八谷賢治

Exective Creative Director
八谷賢治

  • Wacoal china LaRosabelle BRAND VISUAL Creative Direction
  • NTT WEB Art Direction
  • CITI BANK Branding Consultation
  • JEWELRY BOUTIQUE EC WEB Produce
  • 資生堂 IN&ON WEB Creative Direction
  • 草花木果 EC WEB Produce & Art Direction
  • TOKYO Mid Town Touch Panel Art Direction
  • CITROEN C4 WRC MOVIE Produce
  • CELINE PRESS PARTY Produce
  • HONEY’S GARDEN TOKYO Art Direction
  • ぐるなびタッチ Creative Direction
  • Oriental Land Recruit Creative Direction
  • PonteVecchio Branding Consultation
  • ぐるぐる動画 Produce
  • Pantene Cinderella Project Art Direction
20140224

2014.2.24

回復力は諦めから

今日、全治一か月の通院が終わった。先月の19日。当社メンバーと他社の仲間たちと行った種子島サーフトリップ。帰りギリギリでフィンが内モモに刺さり、幅5cm、奥4cmの怪我。4針縫って飛行機に飛び乗る始末。その後は毎日朝9時に病院へ通う。膿を出す管を一度抜き、膿が止まらず3日後に再び入れ、それでも治らず「多分、傷の奥にフィンのかけらか何かがある」ということで、再度傷を全開にし、そこから自然治癒力での回復を待つ。ただ、全開にして中を洗った後、縫いもしないでそのままにしていると、治りのスピードが格段にアップ。人間の力とは、恐るべし。さて、最近ブランディングの話が多い。従来のやり方から如何に脱皮できるか。未来を見据えた提案をどこまで真剣に取り組めるか。おそらく、企業もこの過渡期にいる。我々としては、「最適化構造は従来の否定ではなく、一度フラットにする勇気」というイメージで語りかける。つまり、今までの企業活動を一度全開にし、あるべき方向づけと、自己治癒力的内部リソースを最大化する構造。このあたりの提案に対して、どれだけの企業が真剣に振り向いてくれるかが、今年の勝負どころだ。法人も個人も傷口を全開にする諦めから、驚異的な回復力を得るだろう。怪我した周辺の皮膚はさらに強くなる。そんなブランディングが今問われている。

八谷賢治

Exective Creative Director
八谷賢治

  • Wacoal china LaRosabelle BRAND VISUAL Creative Direction
  • NTT WEB Art Direction
  • CITI BANK Branding Consultation
  • JEWELRY BOUTIQUE EC WEB Produce
  • 資生堂 IN&ON WEB Creative Direction
  • 草花木果 EC WEB Produce & Art Direction
  • TOKYO Mid Town Touch Panel Art Direction
  • CITROEN C4 WRC MOVIE Produce
  • CELINE PRESS PARTY Produce
  • HONEY’S GARDEN TOKYO Art Direction
  • ぐるなびタッチ Creative Direction
  • Oriental Land Recruit Creative Direction
  • PonteVecchio Branding Consultation
  • ぐるぐる動画 Produce
  • Pantene Cinderella Project Art Direction