浅野渉

Art Director
浅野渉

  • Tokyo Disney Resort VISUAL Art Direction
  • Wacoal china LaRosabelle BRAND VISUAL Art Direction
  • 資生堂 IN&ON WEB Art Direction
  • ぐるなび タッチ Art Direction
  • VERMICULAR Branding & Art Direction
  • ANGFA[scalp D] EC Site Art Direction
  • PonteVecchio Bridal Catalogue, Web Site ArtDirection & Design
  • PonteVecchio ETERNO Visual & Catalogue ArtDirection & Design
  • TOKYO Mid Town Touch Panel Interface Design
  • OSAKA STATION CITY Touch Panel Interface ArtDirection
  • NTT Flash Design
  • NTT Comware Special Site ArtDirection & Design
  • 4℃ Art Direction & Design
  • -PHASE & Werkstatt ArtDirection & Design
  • RUGIADA ArtDirection & Design
20131201

2013.12.01

Wacoal China:キービジュアル開発

先日、ご紹介したLA ROSABELLE同様、CIA社がブランディングを行うワコールチャイナ社のワコールブランドのキービジュアルを開発した。LA ROSABELLEは、中国での圧倒的なセクシーの確立であり、低価格帯のマーケットへの挑戦。ブランドコンセプトと店頭の落とし込みなどのルールを含めた体現をアートディレクションとしてルール化する。エッジーな表現の場合は、品性を含めブランドとして、どこまでアピールするかのコントロールが、ビジュアライズされるもへのポイントになる。よって派手な分、見た目的な変化はわかりやすい。しかし、ワコールブランドのようなコンサバティブであり、内面的な心地よさや、質の高さをユーザーへ伝えるアプローチは、繊細だ。商品開発同様に、その細やかさを積み重ね続け市場の変化に合わせて微妙に進化を続けていくことが重要である。定番やヒット商品と呼ばれるものは、常に進化している。リーバイス501は年々、微妙に形を変え、吉野家の牛丼も肉とご飯の割合を変えた。発売間もないヒット商品、セブン&アイホールディングスの金の食パンは、顧客には分からないリニューアルを既に何度も繰り返している。今回のビジュアルの店頭での展開は、旧正月から、店頭でのリアクションなど、そのタイミングでまたレポートしたいが、見えない進化の積み重ねをあきられない形で表現する第一歩を踏み出した。

浅野渉

Art Director
浅野渉

  • Tokyo Disney Resort VISUAL Art Direction
  • Wacoal china LaRosabelle BRAND VISUAL Art Direction
  • 資生堂 IN&ON WEB Art Direction
  • ぐるなび タッチ Art Direction
  • VERMICULAR Branding & Art Direction
  • ANGFA[scalp D] EC Site Art Direction
  • PonteVecchio Bridal Catalogue, Web Site ArtDirection & Design
  • PonteVecchio ETERNO Visual & Catalogue ArtDirection & Design
  • TOKYO Mid Town Touch Panel Interface Design
  • OSAKA STATION CITY Touch Panel Interface ArtDirection
  • NTT Flash Design
  • NTT Comware Special Site ArtDirection & Design
  • 4℃ Art Direction & Design
  • -PHASE & Werkstatt ArtDirection & Design
  • RUGIADA ArtDirection & Design