ブランディング哲学

解釈

「感情の絆」

我々のブランディングの解釈は、ブランドと消費者の間に、感情の絆を形成することです。ただ印象に残るだけでなく、嘘のないコミュニケーションを実現させブランドと消費者の間に、圧倒的な信頼感を創造します。時には高揚感を、時にはリスク情報を。ブランドの真摯な姿勢を消費者が深く理解できたとき、短期ではなく中長期のファンが誕生すると信じています。

「感情の絆形成に必要な3つの要素」

1.Value (価値)
ブランドが持つ価値を2方向から把握します。一つはブランド側のやりたいこと。一つは消費者が感じていること。2つの接点が現状・現在コミュニケーションできる接点ととらえ、その後導くべきゴール地点を設定します。
2.Creative(クリエイティブ)
ゴール地点が見えたら、キービジュアルからアートディレクションポイントをまとめ、クリエイティブデータベースを構築します。このデータベースの精度を追求し、あらゆるタッチポイントのクリエイティブに反映させることにより、One Voice のブランド表現を完成させます。
3.Management(運営戦略)
ブランドビジネスは継続します。価値をOneVoiceのクリエイティブで表現整理できたら、その表現が戦略的に運営され続けなければなりません。運営の仕組み作り、レギュレーション作り、運営シュミレーション、代行などを行います。
Branding 感情の絆

アプローチ

Value(価値)を導くために

1.クライアントさまのヒアリング実施
経営陣の方々、現場の方々、時には非生産部門の方々まで、ヒアリングを実施し、各部門の問題意識を把握します。
2.市場調査
一般の方々(ターゲット層前後)の意識調査を行います。この際、ベンチマークとなる企業との相対感なども把握します。
3.ブランドメッセージ開発
ヒアリング、市場調査からゴールイメージを設定し、そこに導くためのメッセージ開発を行います。このメッセージは消費者だけでなく、社員の方々や株主の方々にまで届くものであり、最も重要な作業です。
4.ブランドプロミス、ブランドステートメント開発
ブランドメッセージをもう少し具現化し、文章化することにより、よりイメージのしやすい哲学を開発します。

Creative(クリエイティブ)を構築するために

1.ターゲット設定
まずはターゲットを、リテラシーごと、ブランド認知度ごとなど、3つほどに細分化します。どのターゲットをより強化するかを設定し、戦略のコアに据えます。
2.タッチポイントの整理
ブランドと消費者が接点を持つタッチポイントを洗い出し、それぞれの役割を設定します。
3.コミュニケーションプランの開発
ターゲット像、タッチポイントの役割が見えた段階で、消費者とブランドのコミュニケーションの理想像を描きます。この理想像を中心にすえ、各デバイスごとに色づけしていきます。
4.ロゴ開発、ブランドカラー設定、展開レンジ設定
ブランドのイメージを決定づけるコアグラフィックを開発します。ベンチマークブランドとの差別化、コミュニケーションプランから逸脱しないイメージなどが、重要な項目となります。
5.クリエイティブデータベースの開発
全てのタッチポイントにおいて、ロゴや各種表現方法のレンジを設定したデータベースを開発します。外枠の強固なイメージ設計がブランド表現を統一し、消費者へ届きやすくなります。WEB管理できるデータベース、もしくはクリエイティブ規定書という形で納品します。

Management(運営戦略)を構築するために

1.リソースの整理
ValueやCreativeを管理するためには、誰がどの役割を果たすかなどの確認が必要となります。まずはクライアントさまのリソースを確認させていただき、状況に応じて運営フローを組み立てます。必要に応じて当社が役割を担うこともあります。
2.運営体制の構築
当社メンバーとクライントさまとの間に、情報の流通体制を整理し構造化します。運営フローをクライントさまとシェアし、必要に応じてブラッシュアップすることにより、滞りなくビジネスを進められる体制を築きます。
3.定期的検証
運営体制が整理できたら、定期的に実施しているアクションの検証を行います。コニュニケーションが仮説通りになされているか、クリエイティブがぶれていないか、新しいアプローチがあるか、などを随時付け加えていきます。
4.Valueへの立ち返り
ブランディングは、一つの流れで終わるものではありません。常に「Valueが消費者に認められているか、届いているか」に立ち返る必要があります。Value、Creative、が仮説だとすると、Managementは実践になります。そこでしっかり検証し、当初の設計した制度を追求します。
Branding

我々の姿勢

我々は、はじめから答えを持っている訳ではありません。クライアントさまとのヒアリング、ディスカッションから、始めて仮説が見えてきます。その仮説をもとに、実践し検証するサイクルを経ない限り、答えには近づけないと考えています。

取引先でなく、取組先へ。

クライアントさまと共に"取り組む"ことが我々の姿勢です。取り組み期間に関しては、御社のスタッフである意識を大切にします。そして、継続的な取り組みが、必ずハッピーなスパイラルを生むと考えています。

ハッピースパイラル
page top